メンタルズノンノン 

うつ病男が洋服で気持ちを前向きにするブログです

デイケアとかで連絡先の交換を禁止してるの、ずっと下心ある男のせいだと思ってた

玉子焼き女が現れた

 

今通っている就労移行支援の事業所で、利用者の女性から猛烈にアプローチを受けています。

https://2.bp.blogspot.com/-9fhfd5mrIww/VtofuuQhwGI/AAAAAAAA4Z0/EUck7aGSgYY/s450/mental_health_woman.png

 

 

事業所で一緒になって半年ほどたった頃、突然こんなことを言われました。

 

「よっこいさんにご報告があります。あの…友達として好きです。

あ、進展はないけどね!

なんか一緒に居てて話しやすいっていうか…。私よっこいさんと喋ってすごく変われた気がします」

 

(゚Д゜)ファッ!?

ですよ。

 

「え、ドッキリちゃうよな??」て思わず言ってしまいました。

 

事業所があるビルの廊下でしたが、扉や非常階段やエレベーターから誰もテッテレーとは出てきませんでした。

 

いきなり何を言い出すねんと思った矢先

「よっこいさんは、私のことどう思う?喋りやすい??」

 

うん、としか答えようがないでしょ・・・

 

「お、俺も喋りやすいと思うよ、そうじゃなかったらタメ口で馴れ馴れしく喋らへんし」

とぎこちなく返しました。

(同い年で、タメ口で話す仲にはなっていました)

 

ツイッターでは「優しいね」なんて言われましたが…まあ優しいのでしょう。苦笑

 

いやでも何の前触れもなく突然こんなこと言われたらテンパります。

当たり障りのない、傷つけない言い回しをとっさに考えたら、こう言ってました。

 

で、それから数日後、また同じビルの廊下で2人きりになった時です。

 

「1週間前から思ってたんやけど…LINE聞いていい?」

 

断る理由もなかったので、まあいいかとその場でLINE交換しました。

 

「やったー!」とめっちゃ喜ばれました。そんなに嬉しかったのか…

30年近くの人生でこんな経験はなかったので、若干浮ついてる自分もいました。

 

これが悪夢の始まりでした。

 

LINE交換の勢いで

「帰ったらいつも何してんの?時間あるし、事業所のほかでも喋りたい」

と言われ、断る理由もなかったので近くのスーパーのイートインで喋ることに。

 

「よっこいさんまだ恋愛引きずってんの?」*1

 

どストレートにぶっこんできてもはや呆れた矢先

「私前の恋愛引きずっててさ…」

 

進展ない、って言ったヤツは誰や…

あからさまに匂わせてきました。

 

帰宅してからも

「すごく緊張したけど、今日はしゃべれてよかった!事業所の外でもまたしゃべろうね♪」

とLINEとスタンプが連投できます。

 

ここまでくると一度も付き合った経験のない僕でも、意識せざるを得ません。

 

面倒臭さもあったけど、病気の理解はある子だし、確かに話しやすいしで一度付き合ってみてもいいのかなとも考えました。

2人で会ってるうちにもしかしたら自分も好きな感情が出てくるかもしれない。

 

その考えは浅はかでした。

 

僕が優しくして気を良くしたのか、ひっきりなしにLINEが来るようになりました。返事は即レス。

 

そしてこのツイートです。

 

その日は会社見学から戻ってきたところで、他の人はすでに昼食を食べ終えてたのですが…

わざわざタッパーを置いたまま待ってて「玉子焼き作ったの、食べてね☆」です。

 

https://3.bp.blogspot.com/-KyiC75fN9u4/VqI-PbUMV-I/AAAAAAAA3SM/byMjiBgeAQI/s800/valentine_watasu_student.png

何か変なもの入ってないか、真っ先に疑いました。バレンタインのチョコに血を混ぜるなんて話も聞くし。

 

てか恋人でもない人に手料理作って振る舞いますか?? それもオフィスのような場所で堂々と。

世の女性の方々、どうなんでしょう。よければ教えてください。

 

実際入ってたのは刻みネギだけで良かったものの、他の利用者も見てる中で女性の手作り料理を食べさせられるのは拷問でしかありませんでした。

 

食べて、って言われたら、食べるしかないでしょ・・・

きっぱり「結構です」と言えるほど強靭なメンタルは持ち合わせてはいない。

 

次はいったい何を食わされるのか。

 

「次いつ来る?」

「水曜日また会おうね♪」

と、LINEもどんどん重くなっていき、ついに身体が悲鳴をあげ始めました。

 

 

家に居ても常に監視されてるような気がして気が休まらない。

一緒に就労を目指す同志だから、傷つけたりトラブルになるようなことはしたくなかったのですが…限界を感じてLINEをブロックしました。

 

なんとかプライベートの休息時間は強制的に確保はできましたが、心身の不調は残り、そして事業所自体が行くのが嫌になってしまいました。

 

就労に移行できねぇ・・・泣

 

障害特性は無視できない

 

デイケア、リワーク、就労移行支援事業所で連絡先の交換が一般的に禁止されてるのは、こういうことが起こるからでしょう。

 

僕が通っている事業所では、ルールとして禁止されてはいません。

LINE聞かれて、それも女の子だったから「いいよ~」で教えたわけですが…(男だったらどうしてただろう?)

 

いやでもまさかこんなことになるとは思わなかったよねぇ・・・

 

デイケアなどは、言ってしまえば精神疾患者や知的障害者が集まる場。

普通の人でもしょっちゅう対人トラブルは起こるのに、特性上余計に揉め事になりやすい。

 

今回の女性も、自分の障害について「知的と発達があって、人との距離感が取りづらい」と話していました。

 

だからどうこうと結びつけるものではありません。「これだから精神障害者は」「メンヘラ女は」というのはもってのほか。

ですが、連絡先交換を禁止する要因として無視することはできないとは思います。

 

訓練中でも、他の利用者と交流は取りたくない人もいれば、とにかく喋っていたい人もいます。

今回の女性は後者。僕はどちらかというと前者。

 

休み時間に会話する程度なら問題はないけど、事業所を出て帰宅したら自分のプライベートの時間は確保したい。

 

女性はというと「事業所の外でも喋ろうね☆」と言うように、プライベートでもとにかく連絡を取っていたいタイプ。

 

見事に正反対です。しんどくなって当然かもしれません。

 

連絡先交換の禁止は男女関係でなくても、プライベートの時間を干渉されないようにという理由もあるでしょう。

 

LINEは「相手の時間を奪っている」という認識を

 https://3.bp.blogspot.com/-2rrTr1hjiMU/WzC9nFqcnoI/AAAAAAABM6U/vQlKQMHxd0YJDc10EAHZnlqlpAt_IRh5wCLcBGAs/s400/jikan_tobu.png

もちろんLINEに限ったことではなく、SNS全般に言えることです。

 

「電話じゃないからいいでしょ?」

 

こう思うかもしれませんが、メッセージでのやり取りの強要も、僕からすれば時間泥棒です

 

どんな相手でも、即レスの必要はなくとも、文章考えて送るの頭使うでしょう?

 

楽しかったら僕もLINEやツイッターで文章のやり取りはします。

けど、さほど好きでもない仲良くない人から返事の催促までされたら…「一人にさせてくれよ!」って思いません?

 

どんな短文のメッセージでも、相手にそれを読ませる時間と労力がかかっているという認識は持っていてほしいです。

 

自分がしんどければそれでしんどい。「他の人は~」じゃない

 

もう一つ、この記事で言いたいこと。

 

「女子からグイグイこられて困る~だなんて、贅沢な悩みだなオイ」と思った人もいるでしょう。

確かに贅沢な悩みかもしれません。半年前の自分ならそう思います。

 

ただ、「僕は」しんどいのです。

 

「こんな程度でしんどくなるだなんて」じゃない。

周囲と比較した指標なんて関係ないのです。

(他の人は大丈夫なのかもしれないけど)

自分はしんどい。

この考えは知ってほしいし、皆さんにもぜひ持ってもらいたいです。

 

この記事のまとめ
  • 同性の友人であっても、デイケア等で連絡先交換はダメ
  • たとえメールでも時間泥棒
  • しんどさは主観。比較不要

 

この記事が面白ければ[☆+]を押してください。ツイッターからご覧の方はいいねをお願いします。大変喜びます。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

*1:以前に彼女いないことは話していた