メンタルズノンノン 

豆腐メンタル男が洋服で気持ちを前向きにするブログです

センスなんて無くていい ~メンタルズノンノンが目指すところ

いろいろ思うところがありまして、改めてブログの趣旨やファッションについての考えを記していこうと思います。

 
このブログで何よりも広めていきたいテーマがあります。

  • 服のことが全くわからないメンタル疾患の人が、「おしゃれを始めてみようかな」と思えるように
  • ファッションはお金じゃない

 

それらを広めるため、メンタル疾患者のためのファッション講座として「メンタルズファッション」と名付けました。

 

うつ病などメンタル疾患を抱えた人は、おしゃれを諦めてしまう人が実に多いです。

 

「自分にはムリ」

「お金がない」

「服を買いに行く服がない」

「センスがない」

 

このような理由でファッションを離れてしまうのです。

 

洋服を通じて、もう一度自信を取り戻してほしい。

「俺意外とカッコいいかも」と思えるようになってほしい。

 

「おしゃれ」までいかなくとも、「自分は間違った恥ずかしい格好はしていない」でも全然いいと思います。

 

誰でもカンタンに「人並み」にはなれます。

それを伝えていくのが当ブログ「メンタルズノンノン」なのです。

 

なので、おしゃれのレベルアップを目指すのではありません

読者の皆さんはその点だけご承知おきください。

(※番外編としてレベルアップを目指す記事もありますが、そちらはある程度ファッションの知識がある前提で書いています。「へーこういう着こなしもあるんだ」程度で見てもらえればと思います)

 

センスはいらない!

※この項目については別記事でも書いています。詳しく知りたい方は読んでみてください。

センスという便利な言葉で片付けようとしていないか? - メンタルズノンノン

 

「メンタルズファッション」にはセンスは不要です。断言します。

 

「おしゃれになるにはセンスを磨こう」

なんてよく聞きますよね。

 

間違ってはいません。

ただ、センスをつけていくのは自分の基準で服を選べるようになってからでいいです。

 

センスを磨くには

  • 雑誌を読む
  • ショップに行く

などの方法があります。

 

が、これらは非効率極まりない

遠回りはせず、おしゃれへの努力は最小限で済ませます。

 

そもそも、カツカツのお金で生活している人にこれらを求めるのは負担でしかありません。

 

学生時代の僕は、服の選び方が全くもって分かりませんでした。

恥ずかしながら自分で服を買ったことすらありませんでした(全部親がテキトーに買ってきたもの)。

 

そんな人にセンス云々を説いたところで分かるはずがありません。

  

ではセンスじゃなかったらいったい何なのか?

 

それは

ルール

です。

 

ルールといっても、

 

ユニクロで黒の細身のズボンを買って履こう」

「色数はモノトーン+1色まで」

 

こんな感じのいたって簡単なものです。

この程度でも、十分他人からおしゃれと言われるようになります。

 

お金も(そんなに)いらない!

 

ユニクロで黒の細身ズボンを…」と少し前に書きました。

高い服を買わなくても、ユニクロだけで十分です。

 

満足に働けなくて生活も厳しいのに、服なんかに金なんて掛けてられませんよね。

f:id:basquecci:20190524075333j:image

これなんて全部ユニクロですよ。(靴とミニバッグはGU)

ジャケットなどを買わなくても、極論黒の細身ズボン1本あれば「服を買いにいく服」にはなります

 

服装に自信がついて、胸を張って外を歩けるようになったらメンタルズファッションは卒業です

 

卒業したら、ファッション誌を読んだりショップで高めの服を試着したりして、センスを磨いて行ってください。

 

他のブログやサイトに進んでみるのもいいでしょう。このメンタルズノンノンを踏み台にしていってください。

 

僕が全力でオススメするサイトはMBさんのKnowerMagとマンガ「服を着るならこんなふうに」です。

読むだけでファッションの基礎が体系的に身に付きます。

 

 

また、当メンタルズノンノンでも上級編の記事を書いているので、そちらも良ければ参考にしてみてください。

 

洋服が日々を生きていく上での助けになれば、筆者の一番の喜びです。