メンタルズノンノン 

豆腐メンタル男が洋服で気持ちを前向きにするブログです

セットアップ、サイズ感とかロールアップとかもうちょっと詳しく

 

セットアップの良さ、ラクさが伝わったでしょうか。

GUで7000円くらいで上下揃えたら、あとは手持ちのテキトーなパーカーやスニーカーで簡単におしゃれが出来上がります。

 

そんなセットアップですが、サイズもテキトーにしてしまうとちょっと不格好になります

着こなしのポイントを今回説明します!

 

ポイント①:ジャケットの着丈は短めに! 

 

よくスーツがでかすぎるサラリーマン、いますよね。

ダボダボでジャケットに着られている人。これではちょっとまぬけになっちゃいます。

 

ベストな丈の長さは

お尻が少し見えるくらい

です。これをサイズ合わせの基準にしてみてください。

 

ポイント②:キメすぎない!

 

これはメンズファッション全般に言えることですが…

コーディネートの「キメすぎ」は好まれません。どこか垢抜けた、自然な印象がないと嫌らしさを感じてしまうのです。

参考記事▶メンズファッションに欠かせない「ヌケ感」の作り方って?|MBの「たかが洋服のことなんです」【コラム】 | WebNewtype

 

その1つに、足首を見せるロールアップがあります。

普段のスーツスタイルでは見せることのない足首を覗かせることで、コーディネートの緊張感を緩和させるのです。いわばスキを見せるわけです。

 

( ^ω^)・・・でも足首見せってなんかイキッた感じしない?

 

そんな人には帽子があります。

僕も寝癖隠しも兼ねてよくかぶります。日常着っぽさがプラスされてオススメです。

f:id:basquecci:20190416110723j:image

 

スーツの決め過ぎ感を緩和するのに、あえてスーツのサイズを大きくする方法もあります。以前紹介したStyle11がそれです。

Style11:かっちりとした上下でペイントスニーカーが引き立つ

f:id:basquecci:20190329144019j:image

ペンネーム:ノミ

 

▼使用アイテム
セットアップ:GU
カットソー: UNIQLO U (19SS)
スニーカー:GU (マ◯ジェラ風に自分でペイント)
ロングレザーベルト:ZARA
ブレスレット:Wakami

 

▼投稿者コメント

GUのセットアップを使ったコーデです
ジャケットは大きめにし
スラックスにはクッションをつけ、
リラックスしたシルエットにして
セットアップのカッチリさを崩しました
また色でもグレーを多用することでリラックス感を出しています

しかしこのままだとノッペリとした印象が出てしまうので、
ベルトとスニーカーで派手色をプラスしてコーデにメリハリをつけました

さらにジャケットをロールアップして手首を見せて春っぽさを出してます

 

ジャケットのサイズアップは上級者テクニックです。大きくしすぎると始めの例のような「着られてる感」が出てしまいます。

 

スラックスの裾にワンクッションたるみをつけるのがカッチリさの緩和に◎です。これもたるませ過ぎると腰パンした学生やルーズなサラリーマンみたいになっちゃうので、何事もやり過ぎはNG。

 

あと、ロールアップですが、実は季節感を出す効もあります。

 

ペールトーンなどの色を使わなくても、目立つ先端箇所の肌を見せることでも春らしさを出すことができるのです

目立つ先端箇所とは「首」「手首」「足首」のこと。通称「3首」です。

新しい服を買わなくても、手持ちの服でもできるので、できたらやってみて欲しいテクニックです。

 

この記事が「面白かった!」「ためになった!」と思ったら、ぜひ☆+やいいねを!更新の励みになります。お願いします!

 

当記事はこちらの書籍を参考に書いています