メンタルズノンノン 

豆腐メンタル男が洋服で気持ちを前向きにするブログです

ネガティブ発言は自分を下げる

よっこいです。

僕の過去のツイートとの矛盾を指摘され、ネットを騒がせております。

前回の記事のコメント欄参照です。(が、激しい言葉遣いが苦手な方は見ないほうがいいと思います)

※コメント欄致しました

僕は、おしゃれじゃない人を指して「ダサい」とツイートしたことがありました。今思えば軽率でしかない愚かなことをしました。反省しています。

 

そんな今日、すごくタイムリーな記事がアップされたのでここで紹介します。

ネガティブな発言をする人は今すぐやめた方が賢明です。
あなたがやってるネガティブな発言は誰が見ていないとも限りません。

「バカッター」をバカにして罵詈雑言を投げる人も、私からすれば同じように「バカッター」です。
勿論「バカッター」などの問題行動は放置できないかもしれません。
しかしながら、だからといって弱い者イジメのように人を簡単に罵ったり汚い言葉を書き連ねたりするべきではありません。

何故か?

それは「見られている」からです。
あなたのブランディングはそうした一つ一つの言葉でどんどん堕ちていきます。
そうした行動が前述のようなSNSの有効活用を阻害するのです。

引用元はこちらです⬇

そうです。ネット上の発言は見られているのです。

それはTwitterに限りません。ブログなどのコメント欄、掲示板、はてなブックマークツイキャスetc…

 

僕は過去にツイキャスでリスナーとして、仲間内でその配信枠に居ない人の悪口大会に加担してしまったことがあります。

場に流されて、便乗してコメントしてしまいました。

 

悪口を言われた人が実は潜って聞いていたらしく、ひどく傷ついたとツイートされていました。

僕は直接謝罪をして許してもらえましたが、本当にひどいことをしたなぁと思っています。

 

見ていないと思っても、見られているものです。

 

さて、もう一度引用文を載せます。

勿論「バカッター」などの問題行動は放置できないかもしれません。
しかしながら、だからといって弱い者イジメのように人を簡単に罵ったり汚い言葉を書き連ねたりするべきではありません。

何故か?

それは「見られている」からです。
あなたのブランディングはそうした一つ一つの言葉でどんどん堕ちていきます。

特定の個人を叩く人や叱る人は、それが正義だと思ってやっている人もいるでしょう。

「匿名だから見られない、大丈夫」と思っている人もいるでしょう。

 

確かにバレないかもしれません。

しかし、そういう人は無意識のうちに行動に現れます

 

自分の気づかない知らないうちに、ふと誰かを傷つけてしまいます。僕のように。

「この人はそういうことをする人だ」と評価され、自分のブランドにも傷がつきます。

 

:::::::

 

「ネガティブな発言はやめよう」とMBさんは記事で書かれていますが、これは他人を攻撃する意味のネガティブだと思います。

 

もしかしたら「ネガツイしてはいけないんだ」と思う人もいるかもしれません。

(まあしないに越したことはありませんが…)

 

「俺はクズだ」「○にたい」などのネガティブなツイートはよく見ます。それが悪いことだとは思いません。弱音を吐きたくなることもあるでしょう。当然僕もあります。

 

いけないのは「ネガツイするな」と指示をすること。

これは自分のエゴでしかありません。フォローを外せばいいだけの話です。相手も自分も傷つけることになるでしょう。

 

 

「バカというほうがバカ」

「人の嫌がることは言ってはいけない

 

小学生の時よく聞きましたよね。これは真理です。

初心に戻って、この言葉を思い出します。