メンタルズノンノン 

うつ病男が洋服で気持ちを前向きにするブログです

【DIY】自分で裾上げ「フレイドヘム」をやってみた

前回はズボンの「裾」の重要性について力説しました。

www.known-mentals.work

 

今回も裾にまつわる話ですが、ちょっと趣向を変えて、自分で裾上げするやり方をご紹介します。

 

「フレイドヘム」って何? 必殺技?

 

裾を切りっぱなしにしてボサボサになった状態を「フレイドヘム」といいます。ダルシムの技名ではありません。

 

このフレイドヘム、何がいいかと言うと、

  • 飽きたジーパンを蘇らせる
  • タダで裾上げできる
  • ラフな印象を作れる

のです。

裾を上げるだけならクルクルっと巻けばいいのですが、ロールアップとはひと味違った雰囲気を出せます。

ジーパン穿くならこんなふうに ~ロールアップで足元を整える

 

では、手順です。めっちゃカンタンですよ!

 f:id:basquecci:20190304172858j:image

①ハサミで切る

折り紙を切るのと同じで、ハサミでチョキチョキ切ります。

家庭用のハサミでOK。押し入れから裁縫セットを引っ張り出す必要はありません。

 

縫い目にそってバッサリ切っていきます。

f:id:basquecci:20190304172823j:image

②切り口をほぐす

切った裾を揉みほぐします。

唐揚げを作るときのようにモミモミします。

 

③糸を抜く

すると、糸がピロンと出てくるので、その糸をつまんでビーっと引っぱりぬいてください。(擬音多いな)

▼左:切った直後/右:糸を引き抜いた状態

f:id:basquecci:20190304173408j:image

白い糸を引っ張ることによって、青い糸だけが古い歯ブラシみたいにボサボサになって残ります。

こうすることでダメージデニムの裾になります。

 

自分でこうして切ってみると、縦の糸と横の糸で織りなしていることがよく分かります。中島みゆきの名曲です。

 

④できあがり

完成です。ね?簡単でしょ?
f:id:basquecci:20190304174824j:image

もっとやるとさらにワイルドな感じになりますが、僕はこのへんにしておきます。ボサボサ具合はお好みでどうぞ。

 

今回のまとめ
  • 家庭用ハサミでチョッキン
  • 横の糸をひっぱりぬく
  • 人はフレイドヘムと呼びます

この記事が「面白かった!」「ためになった!」と思ったら、ぜひ☆+やいいねを!更新の励みになります。お願いします!

 

当記事はこちらの書籍を参考に書いています