メンタルズノンノン 

豆腐メンタル男が洋服で気持ちを前向きにするブログです

ボトムスを整えると全体が引き締まる!「服を買いに行く服」はズボン

前回の記事身なりが整っておしゃれになれる「黒のスキニージーンズ」で、「先にズボンを買おう」という話をしました。

 

なぜズボンなのでしょう。・・・見ればすぐに分かります。

さあ、画面を下にスクロールしましょう!

 

 

同じチェックシャツで激的ビフォーアフター 

 
f:id:basquecci:20180529121720j:image

 

学生時代に買ったチェックシャツで、実験をします。

 

ビフォー

 

黒歴史再現コーディネートです。

f:id:basquecci:20180529105829p:plain

 

マジでこんな格好していました。

もはやダサいを通り越して不潔です。こんなんじゃホームレスといわれても仕方がない。

 

そこで、ズボンを変えます。シャツはそのままです。

こうなります。

 

アフター

 

f:id:basquecci:20180425125751j:image

 

ね?全然違うでしょ??

  

  • ジャージ  → 黒スキニー
  • クロックス → 黒スリッポン

に変えました。(あとボタンを留めました)

 

これならショップにも行っても、店員からダサい客と見下されることはないでしょう。

ズボンも靴もユニクロで買えます。

 

おしゃれはズボンから

 

( ^ω^)・・・俺は服を買いに行く服がないんだよ

 

そんな時、まずは上の服(トップス)から手をつけようと思いませんか? 思いますよね普通。

ところがどっこい違うんです。まずはズボン、その次に靴です。

この順にボトムスを整えます。

※ボトムスとはズボンと靴を含めた下半身のことです*1

f:id:basquecci:20181029194831j:plain

 

「この順(ズボン→靴)にボトムスを整えます」と書きました。

靴は後回しでも、黒スキニーさえあれば、靴はとりあえずテキトーなスニーカーでも十分サマになるからです

f:id:basquecci:20180922141613j:plain

 

ボトムスは石垣

 

この黒ボトムス理論を考案したファッションバイヤーのMBさんは、味噌汁に例えてその重要性を解説しています。

(ボトムスはダシ、トップスは具。ダシがとれていないと美味しくならない。参考記事:あなたがオシャレになれないのは「下半身」のせいだ。 | 【最も早くオシャレになる方法】現役メンズファッションバイヤーが伝える洋服の「知り方」/ Knower Mag

 

ここでは、個人的により伝わりやすいかなと思っているお城を例にします。(僕が好きなのもあります)

www.instagram.com

姫路城は世界的な建築物です。

天守閣はさることながら、石垣からして美しいですよね。

 

もし土台がこのような石垣じゃなくてブロック塀だったら…陳腐なものになってるでしょう。

美しい台形の石垣だからこそ評価されるわけです。天空の城竹田城跡は石垣だけですが、それでも圧倒的な存在感があります。

お城は石垣から美しい。ファッションにも同じことが言えるわけです。

 

…ということで、解説は以上です。

ボトムスを整えればどうにかなることが分かったと思います。黒スキニージーンズだけでも十分整った印象になります

なので、先にズボンから買うのが得策なのです。

 

どうせ通院で外出するなら、ズボンだけでも変えてみましょう。そして鏡で自分を見てみましょう。

毛玉がついてるスウェットよりはピシッとして、少しは「いっちょやるか!」という気分になれますから。

 

今回のまとめ

1.同じシャツでもボトムスを変えると激変する

2.①黒スキニー②黒シューズの順に揃える。①だけでもサマになる

3.この記事が面白ければ☆+やいいねを!

 

当記事はこちらの書籍を参考に書いています

 

*1:ズボン単体をボトムスと呼ぶこともありますが、当ブログでは区別して定義します。関連記事:【ファッション用語集】メンタルズノンノン的百科事典